おるとくまもと

グルメ  

天草の地魚×銘酒コレクション 魚を本気で楽しみたい天草の名店 地酒地魚 入福

天草は3つの海を持つことはご存じでしょうか?

西に東シナ海、北に有明海、南に八代海。

内海は九州山地の養分が注ぎ込み、南から流れ込む海流によって豊かな漁場で育まれる様々な魚たち。年間を通じ旬の魚が楽しめる、まさに「魚湧く海」が天草なのです。

そんな天草の観光協会に勤めていた私岩見は、仕事柄いろんな方々といろんな場でお酒をご一緒いたしました。それぞれ腕に自慢の料理人たちがしのぎを削る天草です。魚料理はさすがにどこの店も納得です。

しかし、誰を連れて行っても間違いないのが、ここ入福です。

天草の中央、本渡の銀天街周辺は様々な飲食店が軒を連ねるエリア。アーケード街中央の「スマイルパーク」と靴屋さんの間を入ると夢咲通の看板、その先に目的のお店があります。

店内は左手にカウンターと右に小上がり、さらに奥に小部屋と2階にも座敷があり、ちょっとした宴会も可能で、私も数回団体でお邪魔したことがあります。。

ひとりの時は当然カウンターで大将に相手してもらいます。
まずは、ビールでのどを潤します。なんだかこの店ビールもうまい気がします。

今日の突き出しはホウレンソウのおひたしにちりめんじゃこと煮凝り、それにイカの3点。早速いただきながら「刺身一人前!」とオーダー。突き出しの丁寧な仕上げに舌鼓、ビールをいただきながら、カウンター越しに大将がさばき始めました。

相変わらず見事な捌き方です。

きらきらと光る刺身が盛り付けられて運ばれてきました。

カンパチ、鯛、イカにキビナゴそしてカツオ。見ているだけで旨いです。

となればいよいよお酒をいただきましょう。

看板に掲げてある通り旨い地酒を探しては客に提供しているとのこと、ただ、逆に客から教えられることも多いらしい。

大将はソムリエだとおもってあれこれ注文せずにお任せして楽しみましょう。

「お酒は何本あるの?」と聞いてみた。「店には100本、うるさい客用にあと200本ぐらいかな?」お酒専用のストッカーがどこかにあるらしい・・・。

本日は山形の「しぼりたて楯野川純米大吟醸」、契約農家の有機栽培、無農薬を使用していることは後で知りました。

塗りの舛に小ぶりのコップを入れ、一升瓶から直接注いでいただきます。

口の中にすーっと入ってきて香りが口から鼻にかけて“うまい酒特有の”広がり方です。

雑味のない酒は雑味のない刺身でいただくに限ります。

刺身の甘さと、すっきりとした吟醸酒、この店に来て本当によかったと入店わずか15分で満足してしまいます。

大将によればこの店は、創業70年の老舗。ただし、最初は「喫茶店みたいなもの」だったらしく、パンとコーヒーと牛乳を売っていたそう。その時から店名は「入福」で今のスタイルの居酒屋になったのは、大将が継いだ40年近く前。

酒のコレクションが増え続けたのも、どうやらお客さんに影響されてとのことで、酒飲みが集まる秘密結社があるのかもしれないし、あったら入会したいものです。

お酒とつまみを物色していると、大将から「ウツボ食べる?」と・・・。もちろんいただきます。ウツボのから揚げだそうです。

揚がるまでお酒のお替り。ちょうど隣の客が頼んで一升瓶が出されたので、そのまま大阪の「秋鹿」をいただきました。揚げ物料理に負けないしっかりとしたお酒でした。

カリッと揚がりました。中はふわふわでコラーゲンもちもちです。おそらく今まで食べたウツボ料理の中で間違いなく最高です。中からあふれ出すうま味と日本酒が素晴らしい相性です。

ウツボは古くから天草で食べてきた貴重な食材。地元ではキダコと呼ぶ場合もあるが、学名はGymnothorax kidako で、長崎や天草での呼び名である「きだこ」がそのまま学名になったらしい。

大将は「なめしてベルトに使ってた」と言ってるが真偽のほどはわからない。

天草のおいしい魚料理を食べて、おいしいお酒が飲める「間違いない店」として自信をもって紹介します。当然人気の店なので、事前に予約していくほうが安全です。

今回は、日本酒でしたが、天草産芋焼酎「池の露」あたりをお湯割りでじわじわいくのもよろしいかと。

地酒地魚 入福
住所:天草市中央新町3-22
電話番号:0969-22-2827
営業時間 昼:11:00~14:00  夜18:00~23:00
定休日:第2、第3日曜日
ホームページ  http://www.irifuku.net/

iwami

iwami 1964年天草生まれ、2016年まで天草宝島観光協会の事務局長を務め、地元はもとより各地奔走。おでんと日本酒をこよなく愛する自称ナイスミドル。

  • 13
  • 5

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

iwami

iwami 1964年天草生まれ、2016年まで天草宝島観光協会の事務局長を務め、地元はもとより各地奔走。おでんと日本酒をこよなく愛する自称ナイスミドル。

  • 13
  • 5