おるとくまもと 食・観光の再発見! 週末おでかけリージョナル・ファストメディア

きなこ

【くまもと美術探訪】第七話『現代アートってなんなん?通町筋で気軽に味わう”映え”アート空間!』

結局、現代アートってなんなん!?仏像LOVE💗なきなこですが今回は仏像をお休みして、現代アートに注目!熊本の中心地・通町筋の熊本市現代美術館で見つけた常設展示の現代アートたち。きなこの推しポイントといっしょに気軽に楽しんで&映えてみてください!

こんにちは!きなこの【くまもと美術探訪】第7話です。

最近は古典がテーマとなることが多かったので、今回はガラリと方向転換。

熊本の中心地・通町筋で現代アートを楽しもう!

通町筋といえば、ファッション、グルメ、そして着々と復興を進める熊本城へ続く場所ですよね。

今回は通町筋でお気軽に現代アートを鑑賞しちゃいましょう~

 

熊本市現代美術館(CAMK)

そんなわけで今回やってきたのは、熊本市現代美術館(CAMK)

通町筋のバス停・電停で降りてまず目に入るアートスポットじゃないでしょうか?

その名のとおり、現代アートを扱うミュージアムです。

実はここ、展覧会を見なくても楽しめる無料ゾーンがあるのをご存知ですか??

展示室以外にもさまざまな場所にアートが置かれていて、建築と一体化した空間が魅力的なんです。

 

三沢厚彦《Animal 2008-03》

大きなクマさん、か、かわいい、、、かな??かわいい、、ですよね??笑

こちらの作品の作者である三沢厚彦は、味のある表情をした動物の彫刻で知られる作家です。

毛並みを表現しているノミの跡は必見。ざっくりしているようで細かい仕事なんですよ。

ぜひ全身を見に行ってみてくださいね。意外と大きいので、並んで写真を撮ってもいいかも!

 

宮島達男《発光ダイオードのアートワーク》

こちらは無数の数字が照らされては消えていく、動くアートです。

宮島達男発光ダイオードで数字を点滅させる作品で独自の世界観を作り出す作家です。

こちらも実は大きな作品で、動いているととっても存在感があります。

この数字たちは私たちがいなくなっても、誰も見ていなくても、ずっと動き続けるのでしょうか…

 

草間彌生《早春の雨》

日本の現代アートを代表する作家・草間彌生の作品もあります!水玉の作品で有名ですよね。

鏡合わせの小さな空間にぽっかりと空いた小窓を覗くと、そこには幻想的な景色が…

ずっと見ていたくなるくらいキレイで癒されます。

 

この他にも、マリーナ・アブラモヴィッチジェームズ・タレルなど、世界で活躍するアーティストの作品を無料で見ることができます。

「現代アートは難しい…」と思っているあなたも、まずは気軽にってしんでみませんか?

ぜひ、通町筋に行く際は寄ってみてください!

もちろん、特別展もおススメですよ。

 

おまけ・・・

熊本市現代美術館では、アートに関連する本が読み放題!

おや?先約がいるみたい…

(奈良県のゆるキャラ・せんとくんの生みの親、藪内佐斗司の作品です)

 

 

それでは、次回もよい旅をbon voyage!


 

【NEXT】次回のくまもと美術探訪は

アートを見ながらてくてく歩こう♪

くまもと美術探訪 春のおさんぽコース

 


 

店舗情報

熊本市現代美術館 CAMK

TEL
096-278-7500
営業時間
10:00~20:00 火曜休館
ホームページ
https://www.camk.jp/
SNSアカウント
Facebook Twitter Instagram YouTube
住所
〒860-0845 熊本県熊本市中央区上通町2-3 熊本市現代美術館

この記事をシェア

キュレーター紹介

きなこ

仏像のためなら東へ西へ…。2021年春に熊本へ辿り着いたばかりの仏像女子です。 イラストを交えながら、熊本県内の美術・アートについて語りつくします!

このキュレーターの書いた記事

過去の記事を見る

この記事へのコメント

コメントをしたい方はこちらから

人気ランキング

是非見てほしいPR記事

記事一覧

記事カテゴリー

人気のタグ

人気のキュレーター

おるとくまもとのSNS

PAGETOP

オススメ