おるとくまもと 食・観光の再発見! 週末おでかけリージョナル・ファストメディア

haruch

ハルシュラン ~私をドライブに連れてって♡遠くても行きたい郊外の名店三選!~その➁

続編2店目は、土日祝日のみ出現!限界集落に現れる幻の名店「asoうぶやまキュッフェ」。オーナーが育てたこだわり野菜、季節のジビエに春chが恋をした❤️

【おるとくまもと】公式の食部門オルター春ch(はるっち)です。

さぁて、今月もやってまいりました「ハルシュラン」

なんだかんだでシリーズ第3弾!の続編第二弾 ※続編の前段:第一弾はコチラ

私が過去に行ったお店の中からテーマごとにお気に入りを選ぶ『偏愛ベスト3!』

なんせこの16年でメインブログの記事は1700件を超えてますので、引き出しは多いです。

いろんなジャンルのベスト3をご紹介出来ます(笑)

 

尚、記事内メニュー及び価格は、私が伺った当時のものですのでご了承くださいませ(^_-)-☆

 

シリーズ第3弾は、《~私をドライブに連れてって♡遠くても行きたい郊外の名店三選!~》

 

さて、まずお伝えしたいのは、今回のお店を選ぶにあたり、私のメインブログ【ランチしましょ♪】の中の《殿堂入り店》の中から選びました。

《殿堂入り店》と言うのは、私が過去16年間の間に同じお店に5回以上お邪魔してブログを書いた所をランクインしたものです。

(現在1700超記事中、殿堂入りは33店舗)

リピートするお店というのはお気に入りのお店である事は間違いありません♪

その中には、県内でも自宅からは結構遠くにあるお店があります。

どんなに遠くてもお気に入りのお店には行きたいのです!

今回ご紹介するのは、遠くても絶対行きたい!何度でも行きたい!偏愛の塊!殿堂入り店三選です。

それぞれのお店への愛があふれて、1回に収まらなかったので、3回に分けてお届けしています♡

その①『殿堂入りその① 隠れ茶房 茶蔵カフェ(阿蘇市)』も是非ご覧くださいね。

 


その② asoうぶやまキュッフェ(阿蘇郡産山村)

今回ご紹介するのは、産山村にあります【asoうぶやまキュッフェ】さん。

ここの場所は・・・一言では説明できません(笑)

私がこちらのお店に初めてお邪魔したのは、2018年8月。

まだお店がオープンして間もない頃でした。

その時はナビを頼りに行きましたが、ナビはアテになりませんでした(苦笑)。ご注意を!

※今はナビで表示するかもしれませんが・・・

地図を見ると大分との県境。

実際近くまで行ってみても『えっ?この先に道あるの?』『イノシシでも出るんじゃ?』『こんな所にお店なんか無いでしょ~~?』と、辿り着くまでは不安でしょうがなかったです(笑)

うぶやまキュッフェさんがある場所は、地区に3世帯しかない限界集落。

なんとか目印になる最寄りの温泉宿からでも2㎞近く山奥に入って行った所です。

集落に辿り着けばいいですが、途中の山道は、車が1台やっと通るくらい(^^;

ほぼ離合は無理~~みたいな(汗)

こちらが店舗になります。

実はここ…以前は牛小屋として使われてた建物なんです。

今でこそこんなにオシャレになってますが、オープン前の様子をお店のインスタグラムで見ると、よくここがカフェになったなぁ~ってビックリします(笑)

店内の大きな梁は元々の骨組みです。

床板も古材を利用して貼り直されました。

こうやって見ると、元牛小屋感は全くありません(≧▽≦)

オーナーの奥さまのセンスが光るお洒落な店内です。

窓の外に見えるお隣の家はもう大分県です。

こちらには、暖炉があります。

阿蘇では、よく薪ストーブは見かけますが、暖炉は珍しいですよね。

この暖炉の石は、熊本地震でやむなく解体された古いお家を支えていた基礎の石です。

破棄されるはずだった石が、こちらのお店で甦り、素敵な暖炉となってます。

以前は、多少暖炉の煙が気になってましたが、今は煙突を改良されましたので煙たくもありません(笑)

暖炉もあるし、ストーブもあるし、冬の寒さ対策も万全です。

こちらのオーナーさんご夫婦は、食材も自分たちで作られてます

お店は土日祝日のみの営業です。

月曜日~金曜日がお休みなのは、この畑で丹精込めて野菜を育ててらっしゃるのです。

オーナーさんは、お店をオープンされる前に、県立農大で一から農業を学ばれました。

自らの手で育てた食材を使って、お料理を作るという、素晴らしいこだわりです。

ブドウも作ってらっしゃって、いずれはワインも自家製になるかと・・・。

お料理はコース料理のみです。

畑で採れた野菜をふんだんに使った前菜盛り★

素晴らしいです(☆☆)

もぉ芸術♪

まるで白いキャンバスに描かれた絵のようです。

とにかく材料は極力自力で育てるというこだわり。

最近、ガレットが登場したのですが、これ・・

種を蒔き収穫し⇒その増えた種を蒔き又収穫し⇒ 乾燥し脱穀 ⇒ 揉み出して掃除し ⇒ 洗い天日乾燥 ⇒石臼で製粉⇒ ガレット完成!!と言う、気の遠くなる行程を得て作られたんですよ~。

旬の野菜が使われているので、シーズン毎に、お邪魔するたびに、違った前菜が並びます

スープです。

お洒落すぎます♡

キュッフェさんのコースは、お肉かパスタ

こちらはパスタ料理ですが、中にはお肉がゴロゴロ入ってます。

野菜もたっぷりで、具だくさんのパスタです。

そしてこちらがお肉料理!!!

これはイノシシのお肉です。

冬場は猪肉、夏場は鹿肉を使ったジビエ料理です。

こんな風に、ワイルドに出てくるのです。

こんなん見た事ないでしょ?(≧▽≦)

ぺラ~っと薄い猪肉じゃないんです。

肉の塊(かたまり)!!

ここに来るまでは、猪肉をこんな風に食べた事なかったですよ。

猪肉って、生臭いと思ってました。

肉はかたいと思ってました。

ここで食べてその概念は覆されました。

私が猪肉LOVEになったのは、言うまでもありません。

夏場は鹿肉。

個人的には鹿より猪が好きですが、鹿肉も薪火でやわらかく調理してあります。

ジビエ料理って食べた事ないと敬遠しがちですが、キュッフェさんのジビエは丁寧な下処理絶妙な火入れで作られてますので、クセがなく美味しくいただけます♡

こだわりはお料理だけではありません。

むしろ一番のこだわりはワインでしょう

私は自分がワインを飲まないので、どんなのが美味しいかわかりません。

いつも、必ずワインが好きな人と一緒に行くので、ここに来たらワイン必須です。

オーナーさんが、一本一本丁寧にそのワインの物語を教えて下さって、美味しいワインを選んでくださいます。

山の方にある畑とお店の横にある畑で、ブドウを栽培されてます。

いつになるかわかりませんが、キュッフェさんの葡萄畑で採れたブドウで作ったワインが飲める日をお楽しみに♪

 

以上、春chがお送りしました~。 また来週、お会いしましょ♡

 

Have A Nice GOURMET Day♪

来週の #ハルシュラン は?

 

【NEXT】

一度食べたお料理の味が忘れられず、情報網を駆使してシェフを大捜索!なんとお店は、ミシュラン掲載店に!ミシュラン掲載店なのに衝撃の価格で味わえる絶品イタリアン。

店舗情報

asoうぶやまキュッフェ

営業時間
土日、祝日のみ営業 12:00~(要予約:SNSのダイレクトメッセージよりご予約ください)
ホームページ
https://www.ubuyamakuche.com/
SNSアカウント
Facebook Instagram
住所
熊本県阿蘇郡産山村産山 2101

この記事をシェア

キュレーター紹介

haruch

ブロガー歴16年。 熊本の情報を発信中!座右の銘は『継続は力なり★』 アラカンブロガーです。 熊本の街を北へ南へ美味しい物を探して飛び回ってます。

このキュレーターの書いた記事

過去の記事を見る

この記事へのコメント

【ついに発表】輝く!おるとくまもとアワード2021 ベスト10は? | おるとくまもと へ返信する コメントをキャンセル

人気ランキング

是非見てほしいPR記事

記事一覧

記事カテゴリー

人気のタグ

人気のキュレーター

おるとくまもとのSNS

PAGETOP

オススメ