おるとくまもと

グルメ  おみやげ  インタビュー  

旨い醤油がココにある!宇城・醤油ロードのご紹介!

松合食品株式会社

文政10年創業。「医食同源」への思いを大切に、日本が誇る伝統調味料である味噌・醤油・酢の製造、販売を手がける。世界一安全な原料で世界一の味噌・醤油を作り、それにより日本の農業を守るという思いを実現するため、可能な限り地元産の無農薬・無化学肥料の原料にこだわった醸造を実施。農林水産大臣賞や農業貢献賞など数々の受賞歴もあり。


写真ではわかりにくいですが、右側にはピザ窯が。イベントの際などはピザを焼いたりもするらしいです。


店内は松合食品の商品がズラリ!

お話を聞いたのはこの方!

池田貴穂(いけだたかほ) 松合食品株式会社 管理課長

モリナガ:
こんにちは。実は、松合食品さんのゆずぽん酢が好きで、取り寄せて使ってます!なんであんなに美味しいんですか??

池田さん:
もちろん、こだわりの醤油を使って作っているというのはありますが、四万十川流域でとれた天然ゆず果汁を贅沢にたっぷり使用しているというのが人気の秘密です。ゆず果汁を贅沢に使っていることにより、柑橘の香りが強いのが特徴です。

モリナガ:
確かに香りがぜんぜん違いますもんね!鍋の時にいつもお世話になっているのですが、残った汁を飲んじゃう美味しさです!

池田さん:
松合食品では、自然と健康、安心安全な食を求めて原料にも厳しいこだわりを持っています。丸大豆は阿蘇市波野、麦は菊池市の有機生産者グループと契約し有機無農薬農法で栽培したものを使用するなど、可能な限り熊本産にこだわっています。

モリナガ:
そうなんですね!文政10年創業(1827年)創業ということで、かなり歴史が古いと聞いたのですが、松合食品さんならではのこだわりや受け継いできたものはあるんですか?

池田さん:
もちろん、有機農業へのこだわりなどもありますが、特徴的なものとしては、うすくちしょう油に「甘酒」を入れているのが特徴です。創業から190年余り続いており、醤油造りの試行錯誤を重ねており、全国醤油品評会などでも評価を頂いております。


第43回全国醤油品評会にて最高賞の農林水産大臣賞を受賞した「こいくちしょうゆ 天然醸造醤油さくら」

モリナガ:
一番オススメの食べ方って何ですか?

池田さん:
丸大豆しょう油には「油揚げを焼いたもの」がピッタリですね!

ペッパーくんにも聞いてみよう!

ペッパーくん。最近生まれた。松合食品の商品紹介やお好み診断を手がける。挨拶が得意。

 


ペッパーくんの質問に答えていくと、好みの松合食品の商品を教えてくれます。


休憩所。お茶が飲めたり味噌汁の試飲が出来たりします。最近では、観光バスが立ち寄ったりもするのだとか。


お味噌汁がこちら。写真だとわかりにくいですが、具も結構入ってて美味しかったです。


醤油を使った加工品も多く開発しているとのこと。


個人的に愛しているゆずぽん酢。このぽん酢を使い始めると、他のぽん酢は使えなくなります。


醤油ソフトクリーム(150円)。コクが甘さを引き出す、不思議な味わいです。毎日200本近く売れるとのこと。

 

おわりに

今回、個人的な興味から醤油について学ばせて頂きました。印象に残っているのは「味噌や醤油は家庭の味を支える」という言葉。調味料という脇役が家庭の味を守っているのだと強く思わされました。そして、それぞれのモノづくりへの思いに感銘を受けた次第です。


近くの世界遺産!三角西港もステキでしたが、宇土半島の下側はステキな海沿いの風景が広がっており、ドライブルートとしてもオススメです。

ちょっとドライブしながら、「醤油や味噌を買いに行く」というのもいいかもしれませんね!

ではまた!

1 2
モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 83
  • 68

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 83
  • 68