おるとくまもと 食・観光の再発見! 週末おでかけリージョナル・ファストメディア

きなこ

【くまもと美術探訪】第四話『個性爆発!山江村の仏さまを見ていろいろ考えた。』

”コロナ退散!”の願いを込めて、仏さまLOVE❤な”きなこ”が、山江村の仏さまが集まる展覧会「やまえのほとけ展」を見に山江村歴史民俗資料館へ!ホイップクリーム風ヘアの仏さま!?個性きらめく仏像たちについて、イラストを交えて語ります!

こんにちは、きなこの【くまもと美術探訪】早いものでもう第四話です!

今回の舞台は、10月15日から「やまえのほとけ展」を開催している山江村歴史民俗資料館

 

やまえのほとけ展

この展覧会は毎年恒例とのことですが、今年は「コロナ退散!」の願いを込めて集められた山江村の仏像が展示されています。

わたしも、コロナが一日でも早く収束することを薬師如来さまにお願いしてきました!

(薬師如来は病気を治してくれる仏さまです♪)

 

たくさんの仏像の中でも私が気になったのは、「やまえのほとけ」たちのヘアースタイルが個性的なこと!!

ほかにも、本格的な鎌倉時代の美仏✨や、珍しいスリーピースの仏像✌など・・・

仏さま一体一体の個性を見つけると、親近感がわいてもっと好きになれる気がします。

【くまもと美術探訪】第一話『熊本美術ノススメ』でご紹介した楽しみ方とあわせて、自分だけの注目ポイントを見つけてみてください♪

 

さらに常設展示室では、昨年の豪雨で被災し、帰る場所を失った仏像・神像が展示されています。

自然災害から救出された仏像を実際に拝見する事で、「昔の人が残してくれた”文化財”を見られることって奇跡なんだなぁ…」と考えさせられました。

私も【くまもと美術探訪】を末永く続けられるように、文化財を未来につなげるために何ができるかを考えていきたいです!

 

山江村歴史民俗資料館

最後に少しだけ、資料館のご紹介☆

今回お邪魔した山江村歴史民俗資料館では、山江村や人吉・球磨地方の歴史を学ぶことができるだけでなく、昭和レトロな生活用品や、発掘された土器など、いろいろなジャンルの文化財・アートを見ることができます。

 

1階には広々としたやまえ えほんの森があり、なんと所蔵されている絵本は5000冊以上!!

小さいお子さんも楽しめる施設となっています📚

 

老若男女で学べて楽しめる、雨の日のおでかけスポットに最適ですね。

 

山江村歴史民俗資料館「やまえのほとけ展」は、12月12日(日)まで!

今しか会うことのできない仏像の個性が爆発する展覧会、今年も必見です👀!!

 

それでは、次回もよい旅をbon voyage!


 

【NEXT】次回のくまもと美術探訪は

無料で楽しめる、それでいて奥深い。現代アート!

 


 

店舗情報

山江村歴史民族資料館

TEL
0966-23-3665
営業時間
10:00~17:00(入館は16:30まで) 月曜休館
ホームページ
https://yamaeshiryoukan.jimdofree.com/
住所
〒868-0092 熊本県球磨郡山江村山田甲1360

この記事をシェア

キュレーター紹介

きなこ

仏像のためなら東へ西へ…。2021年春に熊本へ辿り着いたばかりの仏像女子です。 さまざまな視点から、熊本県内の美術・アートについて語りつくします。

このキュレーターの書いた記事

過去の記事を見る

この記事へのコメント

コメントをしたい方はこちらから

人気ランキング

是非見てほしいPR記事

記事一覧

記事カテゴリー

人気のタグ

人気のキュレーター

おるとくまもとのSNS

PAGETOP

オススメ