おるとくまもと 食・観光の再発見! 週末おでかけリージョナル・ファストメディア

きなこ

【くまもと美術探訪】第八話『たまにはのんびり♪お散歩しながら美術探訪@熊本城周辺編』

寒い冬を終えて、熊本にも春がきましたね!きなこの【くまもと美術探訪】第8話のテー マは「春のお散歩コース」です。 普段は見慣れた熊本の町も、目線を上げるとアートがいっぱい!?新たな視点でお散歩を 楽しんでください♪

こんにちは、【くまもと美術探訪】第8話です!あっという間に3月ですね。

寒い冬が続きますが、早くポカポカ陽気の中でお散歩したい気分のきなこです☀

今回は春を先取りして、のんびりと熊本城周辺のお散歩コースを巡っていきたいと思います!

キュビスムの壁画@大劇会館

通町筋の電停で降りて、目に飛び込んでくる大劇会館の壁画

パチンコ屋さんにアート!?と思いますが、実は歴史ある壁画なんです。

「日本近代建築の父」と称されるアントニン・レーモンドとその妻によって、1969年に作られた有田焼タイルの壁画は、昨年大規模修復を終え、久しぶりに通町筋に姿をあらわしました。

幾何学的な模様が並ぶ不思議なモチーフは、ピカソを代表とする芸術運動“キュビスム”を発端として生まれたもの。

キュビスム建築の本場・チェコで学んだレーモンドは、帝国ホテルの設計のため、1919年に来日。日本でたくさんのモダン建築を作りました。

レーモンドが過ごした1960年代の活気ある日本、そして熊本の街を記憶するアートのひとつです。

朝倉文夫《谷干城像》@高橋公園

西南戦争で熊本城を死守したという軍人・谷干城の像が、高橋公園に置かれています。

こちらを作ったのは、「東洋のロダン」と呼ばれた彫刻家・朝倉文夫

大分県出身で、九州を代表する彫刻家の一人です。

軍人の彫刻からはなかなか想像できませんが、朝倉文夫は猫好きで知られる方で、家には15匹くらい猫がいたんだとか…🐈

もしかして、この作品を作った時にも傍らには猫がいたのかにゃ?🐈笑

前川國男の建築@熊本県立美術館[本館]

前川國男は、アントニン・レーモンドのお弟子さんで、日本を代表する建築家の一人です。

そういえば、大劇会館の壁画と色合いが似ているような・・・?

熊本県立美術館は、赤いレンガを基調としたシックな印象の作品。

熊本城二の丸広場に溶け込みつつも、どっしりとした存在感を示しています。

内部には吹き抜けのホールや大きな窓があり、気持ちよく季節を感じられる建物です。

ちなみに・・・

現在、熊本県立美術館では、2つの展覧会が同時開催されています!

本館で開催されている「春を寿ぐ」では、ジャンルや国を超えた”の作品から、人々が春を待ち望む様子が感じられました。

寅年にちなんだトラの作品や、めでたいモチーフが満載です!

動物の作品が好きな私はとても楽しめました!トラちゃんがキュート♡

 

別棟展示室の「細川コレクションのあれこれ」では、細川家の様々なお宝をのぞき見👀

近年発見されたという《孔子像》初公開

舌をぺろっと出し、冠には龍が刺さっている(!?)ユニークな姿は必見です!

※「春を寿ぐ」は3月13日(日)、「細川コレクションのあれこれ」は3月21日(月・祝)まで

GOAL!

今回のお散歩は通町筋電停熊本県立美術館熊本城のふもとを歩くコースでした。

短い距離ですが、坂道なのでなかなか良い運動になりますよ♪

今後は熊本市以外も巡っていきたいと考えています。

皆さんのイチオシお散歩コースがあれば、ぜひ教えてくださいね!

 

それでは、次回もよい旅をbon voyage!


 

【NEXT】次回のくまもと美術探訪は…

(リクエストお待ちしてます!)

 


 

店舗情報

熊本県立美術館

TEL
096-352-2111
営業時間
9:30~17:15(入館は16:45まで)月曜休館
ホームページ
https://www.pref.kumamoto.jp/site/museum/
SNSアカウント
Twitter Instagram
住所
〒860-0008熊本県熊本市中央区二の丸2番 熊本県立美術館

この記事をシェア

キュレーター紹介

きなこ

仏像のためなら東へ西へ…。2021年春に熊本へ辿り着いたばかりの仏像女子です。 イラストを交えながら、熊本県内の美術・アートについて語りつくします!

このキュレーターの書いた記事

過去の記事を見る

この記事へのコメント

コメントをしたい方はこちらから

人気ランキング

是非見てほしいPR記事

記事一覧

記事カテゴリー

人気のタグ

人気のキュレーター

おるとくまもとのSNS

PAGETOP

オススメ