おるとくまもと

阿蘇絶景ポイントTOP5!

阿蘇に来たはいいけれど、最高の眺めはどこに行けば見れるのか・・?と悩むあなたへ。周りに自慢したくなるような噴火中の阿蘇山とその周りの景色の素晴らしい写真が撮れる場所をご紹介します。

 

大観峰

ライダー、観光客に一番人気のスポット

大観峰は阿蘇山のカルデラ(火山活動によって形成された窪んだ地域)の北側にあり、阿蘇に来たら外せない場所の一つです。大観峰に向かう曲がりくねった道はライダーに大人気で、週末には革ジャンを着たライダーと自慢のバイクで駐車場がいっぱいになるほど。

 

駐車場から歩いて上る展望台からは、裾野に広がる阿蘇市とその向こうに壮大に横たわる阿蘇五岳を一望できます。東側には九重連山も見渡せます。

大観峰から見た阿蘇五岳は、涅槃(ブッダが横になっている姿)に似ていると言われています。ここから眺めると、左側に頭、真ん中が胸、右側の頂上は足のように見えます。

 

大観峰は二人乗りパラグライダーの離陸場所でもあります。風の状況や天気、季節によって体験できるかどうかが変わるので、体験したい場合は事前チェック&予約をおすすめします。

 

パラグライダーの詳しい情報はこちら:100%感動の大観峰パラグライダー(2人乗り)

大観峰からの景色は圧巻ですが、地上100メートル以上を鳥のように飛ぶパラグライダーからの眺めは最高です。

 

俵山

南阿蘇に繋がる主要道路で、阿蘇カルデラの南側が眺望できます。

俵山峠展望所はカルデラの南側に位置していて、俵山トンネルが開通する前は阿蘇の南側に行くために必ず通る道の途中にありました。現在はほとんどの車がトンネルを通りますが、熊本市側から登るときには熊本市方面が一望でき、峠を越えれば南阿蘇や阿蘇五岳が目の前に広がる、絶好のドライブルートです。景色が素晴らしいので、時間が許せば、僕は今でも山側のルートを通ります。

この写真は雨が降っていない別の日に撮りましたが、山頂付近はすっかり雲に覆われています。阿蘇の天気は変わりやすいですね。

俵山峠展望所を過ぎて南阿蘇方面に下っていくと、免の石登山コースがあります。

免の石登山コースを登っていくと、不思議な形をした岩の間に猫のかたちが浮かぶ場所が現れます。2016年の熊本地震以前は巨大な丸い石が二つの岩の間に挟まっていましたが、地震の揺れが原因で落ちてしまいました。登山コースは往復4時間かかり、途中で私有地を通るので現地ガイドの予約が必要です。詳しい情報はこちら:パワースポット「免の石」でトレッキングしよう!

月廻り公園

気軽なドライブで家族連れも楽しめる

カルデラの南西に位置する月廻り公園からは、阿蘇の南側の素晴らしい景色を眺めることができます。公園内には、ゴーカートや草スキー、ふれあいどうぶつ園、温泉など盛りだくさん。レストランでは地元、高森名物の田楽も食べられます。

月廻り公園は高千穂に行く道路から少し入ったところなので、高千穂峡に向かう旅行者の方にも便利です。ちょっと休憩に立ち寄って、景色を楽しんでみてはどうでしょうか。

他にも、月廻り公園の近くには子ども連れで渓流釣りができるスポットもあります。釣り竿など、必要なものはレンタルできるので、家族でも気軽に渓流釣りが楽しめます。餌釣りもルアー釣りもできますよ。詳しい情報はこちら:渓流で釣り体験!手ぶらでOK!

グリーンロード

阿蘇へ繋がるヒミツの裏道

グリーンロードは阿蘇地方に繋がる道の中でも交通量は少なめですが、景色が素晴らしく、ライダーにもとても人気があります。世界的に有名なアメリカ人バイクレーサーのケニー・ロバーツが訪れるツーリングルートしてとしても知られており、「ケニーロード」とも呼ばれています。冬には凍結のため道路が閉鎖になることがあるので、通行する前に確認が必要です。

南阿蘇に到着した観光客を迎え入れるのは、代表的な観光地の一つ、白川水源です。ここを主な水源とする白川は、阿蘇を抜け、熊本市中心部を通り、有明海に流れ込みます。白川水源の入り口では手すき和紙を体験でき、体験後、水源を見て回っている間に和紙が乾燥し、帰るころにはできあがっています。詳しい情報はこちら: 体験紙漉き

鞍岳

阿蘇随一の光景

鞍岳は外輪山の中で一番高い山なので、カルデラの内側の山々をこの場所からすべて見渡せてしまう、素晴らしい場所です。阿蘇へ向かう道路からは少し逸れていて、頂上へはハイキングコースを登ります。鞍岳の第1駐車場に車を止め、道の反対側からハイキングコースに向かってください。登山用に竹の杖が置いてあるので滑りやすい時などは便利です。

僕が登った時には日陰部分は凍っていて、日なたは滑りやすい泥になっていました。下山してから竹の杖に気が付いたので、3回くらい滑りそうになりました!

 

急な坂になっているところもありますが、片道20分くらいでこの景色が見られるので登る価値は十分にあると思います。360度カメラで撮った写真はこちら:

左端に阿蘇の噴煙を仰ぎ、その右側にはカルデラの外側、熊本方面の向こう側に金峰山が見えます。空気が澄んでいて遠くまで見渡せる日には、長崎県の雲仙普賢岳まで見えることもあります。

 

熊本市方面から来る場合は来た道をそのまま行くと阿蘇に繋がっています。少し遠回りにはなりますが、素晴らしい景色が見られるので旅の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ