おるとくまもと

風景・景色  

紅葉、雲海、ススキ、コスモス、星空…。秋がベストシーズンな阿蘇の立ち寄るべきスポットをご紹介致します。

こんにちは。おるとくまもとのモリナガです。朝夕が涼しくなり、すっかり秋ですね。僕はこの季節が大好きで、秋の夜、お茶を飲みながら外で焚き火をするのが最近の幸せです。さて、そんな秋ですが、阿蘇地域は最高のシーズンを迎えます。雲海のベストシーズンなのはもちろん、コスモスもいい時期ですし紅葉も素敵な季節です。そして、日本経済新聞NIKKEIプラス1(2018年10月13日付)の「ススキの名所ランキング」で1位にも選ばれたススキも!

ということで、今回は阿蘇の秋に是非とも見ていただきたい風景をババ〜っとご紹介致します。

「ススキの名所ランキング」で1位にも!一面を銀色に染めるススキは必見!

必見というより、ススキを見ずに阿蘇地域を移動するのは難しいんじゃないか?というくらい一面に広がる阿蘇のススキ。世界有数のカルデラを持つ阿蘇には2万ヘクタール以上の広大な草原が広がっており、秋になるとその大草原一面がススキ野原に変わります。写真は阿蘇パノラマラインからの米塚の風景。風にそよぐススキと米塚、外輪山の景色を見に「THE阿蘇」な風景として多くの方々が訪れています。ちなみに、この写真は車から降りて、パシッと携帯で撮った写真です。

場所:米塚

一面に広がるススキの風景を眺めるなら黒川温泉がある南小国町のパワースポット、押戸石の丘。丘の頂上には大小300もの石群があり、最も大きな押戸石は不思議な磁力を持ち、コンパスを近づけると針がクルクルとまわります。そんな押戸石の丘からは雄大な草原景観を望むことが出来、一面がススキの銀色に染まります。草原を吹く爽やかな秋風を感じながらゆっくりとした時間を過ごせそうです。(※押戸石の丘は、駐車場から10分ほど歩きます。歩きやすい靴で行かれることをオススメします)

場所:押戸石の丘

写真はやまなみハイウェイの夕陽の風景。一面に広がるススキがキラキラ輝きます道中のミルクロードや阿蘇パノラマライン、やまなみハイウェイなどもススキに包まれ、秋のドライブコースとしても人気です。夕陽が沈む頃には、ススキがキラキラと輝き、思わず息をのむほどの美しさが一面に広がります。

見頃は11月中旬くらいまで。阿蘇地域の紅葉スポット3選

3年前から一般開放されるようになった南小国町の秘境マゼノ渓谷。10月20日〜11月中旬までの期間は、普段は立ち入ることが出来ない渓谷の開放が行われ、見事な紅葉を愛でることが出来ます。駐車場から15分ほどの散歩道があり、一番奥には少し前までは地元の方々しか知らなかった滝が。道が完全に整備されているわけではありませんので、歩きやすい靴・服で行かれることをオススメします。

場所:マゼノ渓谷

秋といえば温泉が気持ちい季節。秋の黒川温泉は木々が一斉に色づきます。1300円で入湯手形を購入すると、28ヶ所の温泉の中から1枚につきお好きな温泉を3ヶ所選んで入浴が可能です。旅館・店舗によっては入湯手形を提示すれば特典が貰えるサービスもあり、温泉に入って秋色に染まった温泉街を散策するには必須アイテムです。

場所:黒川温泉

阿蘇地域の秋のライトアップといえば下城の大イチョウのライトアップ。2018年は10月15日~11月12日の期間、ライトアップが実施される予定です(※全て落葉した場合は、12日前に終了、ライトアップ時間は18時~22時まで)。秋の夜長に黄色に染まるイチョウをお楽しみ下さい。

場所:下城の大イチョウ

朝晩の気温差が大きい秋が狙い目!阿蘇地域は雲海を「気軽に」楽しめます!

「雲海を見に行く」というと凄く大変そうな印象かもしれませんが、阿蘇地域の雲海は「気軽に」見に行けるのが特徴です。10ヶ所以上の雲海スポットがありますが、どれも駐車場に車を停めたらすぐ雲海、宿泊施設から30分以内です。秋の阿蘇地域に宿泊する際には、是非とも6時に起きて、6時半に雲海を見て、旅館の朝食を美味しく味わって頂けたらと思います。

そんな雲海スポットの中でも代表的なのが大観峰。眼の前に阿蘇五岳ドーン!雲に手が届きそうな距離です。

場所:大観峰

バス停がある大観峰入り口からはこの風景。雲に向かって道が続いているような風景を望めます。写真は、残念ながら春の写真ですが、秋はススキも一面に広がり、ススキと雲海の共演を楽しめます。

場所:大観峰入り口

トイレや自動販売機もあり、初心者でも安心なのがかぶと岩展望所。大観峰と阿蘇五岳を同時に望むことが出来、阿蘇のカルデラが雲に覆われている様子は圧巻です。

秋とはいえ、早朝の阿蘇地域は思っている以上に寒いですので、必ず1枚多めに羽織るものを持ってお出かけされることをオススメ致します。

場所:かぶといわ展望所

コスモスも見頃です

約100万本のコスモスと山々の風景を楽しめる俵山交流館萌の里。少し高いところから見下ろす形で一面のコスモスを眺めることが出来、写真映えすること間違いなしです!コスモスの見頃は、10月末〜11月上旬の予定です。

場所:俵山交流館 萌の里

空気が澄んでいるから、星空がキレイです

秋は空気が澄んでいることもあり、星空が美しい季節でもあります。写真では伝わりにくいですが、黒川温泉から車で10分ほどの平野台展望所からは、空いっぱいに広がった星を見ることが。運が良ければ、黄色い雲海(雲に下から住宅街の明かりがあたり、黄色くなる)を見ることが出来る場所でもあります。本当に真っ暗ですので、足元にはくれぐれもお気をつけ下さい。

場所:平野台展望所

新そばの季節も始まります

秋と言えば新そばの季節!阿蘇地域には南小国町の「そば街道」をはじめ、多くの蕎麦処が立ち並びます。新そばならではの香りを楽しんで頂けると幸いです。また、南阿蘇村の「そば道場」では、そば打ち体験も!自分で打った蕎麦を味わえるのも嬉しいです。


いかがでしたでしょうか??秋にしか見ることが出来ない風景を楽しに、是非とも阿蘇に遊びにいらしてくださいね。
ではまた!

モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 77
  • 64

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 77
  • 64