おるとくまもと

イベント  風景・景色  名所  

11月1日から開催決定!くまもと県北×zekkei「#zekkeiくまもと県北」フォトコンテスト2018のご紹介。

こんにちは。おるとくまもとのモリナガです。皆様は、写真を撮るのは好きですか?僕は、特に好きではありませんでしたが、4年前に南小国町に移住してから、景色が素晴らしすぎてなんとかして誰かに伝えたい!そう思って写真を撮るようになりました。

写真を撮るようになったきっかけはコチラ。阿蘇の雲海です。ナニコノ絶景!ということで、カメラやレンズを買い重ねるという沼にハマり、今に至っています。

そんな阿蘇地域を含む熊本県の県北地域は、写真映えするスポットが沢山!
今や全国のカメラマンが撮影に訪れる鍋ヶ滝や

360度広がる草原の風景が印象的な押戸石丘。

阿蘇山の火口や

これからの時期紅葉が美しい菊池渓谷。

一面に広がるコスモス畑の風景も。

蓮華院誕生寺のような、写真映えするお寺もあります。

絶景が沢山の熊本県の県北地域。少しでも多くの方に足を運んでいただき、絶景を楽しんでいただきたい!ということでフォトコンテストが開催されることとなりました。
記者会見が行われたのは11月10日にオープン予定の菊鹿ワイナリー!晴天に恵まれ、素敵な景色でした。

zekkeiくまもと県北フォトコンテスト2018の開催について

熊本県と「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」が合同で実施する写真コンテスト。

審査委員長を務め、フォトコンテストの総合プロデューサーを務めるのはこの人!詩歩さんです。

詩歩(しほ)
1990年生まれ。静岡県出身。世界中の絶景を紹介するFacebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」を運営し、70万以上のいいね!を獲得し話題に。 書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」シリーズを出版し累計60万部を突破。アジア等海外でも出版される。昨今の”絶景”ブームを牽引し、2014年は流行語大賞にノミネートされた。 現在はフリーランスで活動し、旅行商品のプロデュースや企業とのタイアップ、自治体等の地域振興のアドバイザーなどを行っている。浜松市観光大使。
●Facebookページ
「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」
●Instagram
@shih0107
●ブログ
「Shiho and…」

応募方法はとっても簡単!2種類の応募方法があります。

1.Zekkei公式webサイトから投稿する場合
① Facebookアカウント又はe-mailアドレスの登録後、専用サイトにログイン
② サイト内で“Zekkeiくまもと県北”のタグを付けて画像を投稿する

2.Instagramから投稿する場合
① フォトコンテスト用アカウント(kumamoto_kenhoku)をフォローする
② フォトコンテスト応募用ハッシュタグ#zekkeiくまもと県北と、位置情報(県内の撮影スポットであること)を付けて画像を投稿

そして、気になる賞品は、コチラ!

グランプリは3万円相当!と言うのも嬉しいですが、地域賞やカテゴリー賞など、沢山の方々が選ばれるというのが嬉しですね!
ぜひとも、今年の秋〜冬は、熊本県の県北地域を旅して、写真を撮って、どしどしご応募頂けたらと思います。

|フォトコンテスト実施概要|
募集日時:2018年11月1日〜2019年1月13日(結果発表は2019年2月上旬を予定)
対象場所:熊本県 県北地域
玉名地域(荒尾市、玉名市、玉東町、和水町、南関町、 長洲町)、山鹿地域(山鹿市)、菊池地域(菊池市、合志市、大津町、菊陽町)、阿蘇地域(阿蘇市、南小国町、小国町、産山村、高森町、南阿蘇村、西原村)の18市町村
主催:熊本県北広域本部
応募における注意事項
必ずご自身で撮影された写真、また著作権をお持ちの写真をご投稿ください。
写真に人物が写っている場合は、投稿前に許諾を得て下さい。
応募作品は、著作権は撮影者に帰属する形で、本サイトまたは熊本県のPRとして無償で使用する場合もございます。
募集期間外に撮影した写真でも応募可能です。
結果発表:2月上旬を予定

▼特設サイトはこちら
https://kumamotokenhoku-photocontest.com/

モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 77
  • 64

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 77
  • 64