おるとくまもと

グルメ  その他施設  

「小豆カフェ KOMAME cafe」天草下島、水田景観に建つ古民家カフェ

こんにちは。昨今のカフェ来訪にはとかく女子力が求められがちなところです。
が…!特段女子ではありませんが、ノハラ[36歳・男性]が取材した、おるとくまもと的におすすめカフェ情報をお届けいたしたいと思います。

水田に囲まれた古民家リノベーションカフェ

今回ご紹介するのは、こんな立地のカフェです。

「ドローン撮影・初夏の小豆カフェ」写真提供:小豆カフェ

まわりを水田に囲われた中に建つ古民家をリノベーションしたカフェ。

「小豆カフェ」さんです。

「小豆」は「あずき」ではなく「こまめ」と読んでください。
アルファベット表記だと「KOMAME cafe」さんですね。

場所はコチラ、天草下島の東海岸、新和町にあります。

天草の中心地である本渡から、車で約10分。
春の訪れを告げるシロウオ(酢醤油で「踊り食い」する、あの魚です)が取れることで知られる大宮地川河口を渡り、少し川を遡る方へ向かうと小豆カフェさんに到着です。
(ポイントポイントに小さな看板が立てられているのでそちらも目印に)


小豆カフェの看板。


小豆カフェの外観。


小さなお庭もあります。遅咲きの椿が咲いていました。


中にはいったところ。ショーケースで小物の販売も。


庭の借景は水田の景色。今は田植えがおわったところ。(4月初旬)

天草出身、尼崎出身のUターン&Iターン夫婦

小豆カフェをされているのは、中林さんご夫婦。

中林優子さん(1978年生まれ)と淳さん(1976年生まれ)。

優子さんはもともと天草出身。20代中頃に、自分のカフェを開きたいという思いを持ちながら、熊本市内のカフェで働いていたそうです。

30歳を越えたころ尼崎出身の淳さんと出会い、その後、結婚。

旅好きで、世界中を旅してきた淳さんは、土に近い生活をしたいと思っていたこともあり、夫婦で天草にカフェをオープンする計画が始まります。

天草で探し、辿り着いた古民家

2013年に、新和町の築70年の古民家にたどり着き、地元の大工さんと相談しながらカフェ(兼自宅)にリノベーション、2014年5月に小豆カフェをオープンしました。

カフェの名前は奥さんが、「気がついたら子どもの頃からアズキをはじめとした豆類が大好きだった(笑)」ということと、労を惜しまない、といった意味の「こまめ」からこの名前をつけたそうです。


古民家の二間を抜き、畳は杉板に張り替えて。


このテーブルは淳さんが古材でつくったお手製。


優子さんのお気に入りは、カフェに使おうと手元にあった白枠のガラス戸。
大きさが全然合わなかったものを淳さんが木材で枠をつくって嵌め込めるように合わせてくれたそうです。

>次のページ「天草産の食材をつかった「おひるごはん」」

1 2
ノハラ

ノハラ 千葉県生まれ。縁もゆかりもなかった天草の離島・御所浦に、学生時分に縁ができ、数年前から島住まいです。 趣味は和船、櫓漕ぎなど。お刺身をはじめとした魚料理が好きで「おいしい魚を食べ続けられるように」というのがここ最近の気持ち。

  • 12
  • 9

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

お客様のご要望に沿ったおすすめの観光情報・宿(ホテル 旅館)・レストラン・居酒屋・カフェ・ショップ等をコンシェルジュスタッフが厳選してご紹介しております。

絶景のオーシャンビュー
夏季限定!県産の旬フルーツだけを使用した贅沢ジャムセット
【熊本の温泉9選】熊本で行くべき温泉&周辺の素敵スポットのご紹介!
ノハラ

ノハラ 千葉県生まれ。縁もゆかりもなかった天草の離島・御所浦に、学生時分に縁ができ、数年前から島住まいです。 趣味は和船、櫓漕ぎなど。お刺身をはじめとした魚料理が好きで「おいしい魚を食べ続けられるように」というのがここ最近の気持ち。

  • 12
  • 9