おるとくまもと

グルメ  おみやげ  

阿蘇に来たらコレを飲むべし!阿蘇ジオパークブランド認定品の飲み物を一挙ご紹介!

こんにちは。おるとくまもと編集長のモリナガです。女性が好きです。

突然ですが皆様、阿蘇地域がユネスコジオパークに認定されているのはご存知ですか?

ジオパークとは…
ジオ(地球、大地)を科学的に観察して、特別に重要で貴重な、あるいは美しい地質遺産(例えば、地層、岩石、地形、火山、断層など)が数多く点在する地域、大地の公園をジオパークといいます。さらに、ジオパークは場所だけでなく、その土地の風土ならではの祭事や暮らしといった”そこに住む人々の文化”もまた対象となります。阿蘇ジオパークでは、「阿蘇火山の大地と人間生活」をテーマに、「カルデラをつくりあげた巨大噴火の歴史」や、 現在も噴煙を上げる「活火山・中岳とその周辺の特別な景観」などの、大地の成り立ちの物語を持っています。
※阿蘇ユネスコジオパークホームページより引用
http://aso-geopark.jp/about/whats.html

阿蘇の火山やカルデラは凄いなーと住んでいてもいつも思いますが、世界に認められた地質遺産だということのようです。そんな阿蘇ジオパークには認定制度があり、阿蘇の方々が作ったこだわりのモノが、阿蘇地域を代表する商品として紹介をされています。

阿蘇ジオパークブランド認定品とは…
阿蘇ジオパークの活動を産品開発等と連携し、阿蘇火山と人々の暮らしの関わりを具体的なモノとして発信できる仕組みづくりのために阿蘇ジオパークブランド認定制度を実施しています。本制度は、阿蘇で産出・生産され、阿蘇火山と人々の暮らしとのつながりを語れ、こだわりを持つ発想豊かな商品について、特に優れたものを「阿蘇ジオパークブランド」として認定し、ジオパークの取り組みの中で阿蘇ならではの商品としてその魅力を国内外へ発信します。また、地域内外での阿蘇ジオパークの多面的理解を促進し、商品の販売促進に貢献するものです。

というわけで、そんな阿蘇ジオパークブランド認定品の中から、阿蘇に来たらコレを飲むべし!という飲料をご紹介いたします!

うぶやま牧場のブラウンスイス牛乳

あまり聞きなれない牛乳かもしれません。
それもそのはず、1頭あたりの搾乳量が少ないために全国でも2000頭ほどしか飼育されていない希少な牛なんです。


牧場がある産山村は広大な草原が広がる地域。牛たちは大草原の美味しい草を食べ、自由に歩きまわり、搾乳も牛たちの体調に合わせて行うのでストレスフリーなミルクができています。

搾りたての生乳を風味を損なわない様に適温で殺菌しているので、しっかりとコクがあるのに爽やか。口中に広がる優しい甘みは牛乳好きにはたまりません!ゴクゴク飲めちゃう牛乳です。

うぶやま牧場にはヤギや羊などの小動物とのふれあい広場やポニー乗馬、アスレチックや大型遊具もあるので、お出かけスポットにもオススメです。

レストランでは、あか牛の焼肉なんかも味わえます。

ブラウンスイス牛乳
200ml/170円 900ml/670円http://ubuyamafarm.com/brown/

うぶやま牧場
住所:熊本県阿蘇郡産山村山鹿2100-3
電話番号:0967-25-2900
公式HP:http://ubuyamafarm.com/

阿蘇農業協同組合の阿蘇小国ジャージー牛乳

小国町にある阿蘇農業協同組合の「阿蘇小国ジャージー牛乳」。

阿蘇の大草原の牧草を食べ、清らかな水を飲み、愛情いっぱいに育てられるジャージー牛からとれる牛乳は濃厚で芳醇。濃厚なので飲んだ瞬間に甘みとコクが口いっぱいに広がります。さらに高タンパク・高脂肪・高カルシウムと栄養面でも優れています。

ジャージー牛は一般的な乳牛と比べると搾乳量が少ないので、国内の全乳牛の0.7%しかいない大変希少な牛です。
阿蘇の恵まれた自然環境で育つ 貴重で美味しい牛乳をぜひご賞味ください。
飲みきりサイズの小さいのもあります。

阿蘇小国ジャージー牛乳
http://aoj.cc/

1 2 3
モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 71
  • 62

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 71
  • 62