おるとくまもと

グルメ  イベント  

「移動時間」をも楽しみに!熊本初上陸のレストランバスで行く旬を食する旅(試乗レポート)

4月なのに吹雪いている瀬の本高原からこんにちは。おるとくまもと編集長のモリナガです。
本日は沖縄を除くと今回が九州初上陸のレストランバスの試乗会に来てみました。

●レストランバスがわかりやすい動画はコチラ

2階建てのオープントップバスの1階は厨房になっていて、そこで作った地元の旬の食材を2階で食べながら旅ができるというものです。


見ていただくとわかりますが、旬を食する旅ということで、日本中で運行されています。
旅は、「目的」と「移動」の組み合わせですが、「移動」さえも目的にしちゃおう!というステキな取り組みですね!

そして、今回、レストランバスがついに熊本上陸!とのこと。ニュースにもなっていました。


花畑公園前でのイベントにも停まっていたので、見かけた人も多いかもしれません。

実際にバスはどうなっているの?


外からも厨房の様子が見れます。


バスの一階部分に厨房が。大人2人が作業出来るほどのスペースで、冷蔵庫やIHが揃ってます。ここで調理した出来立ての料理をバスで味わえるとのことのこと。


2階の座席スペースへは階段で。傘が置いてあったり、優しさ満載です。


2階は開放的なレストランという感じ。


席は2人用、3人用、4人用と3種類あり、ゆったりと座れる広さ。机の上には器が滑らないようになってます。


嬉しいコンセントも全テーブルに!


そして、天井が、あきます!!

天井が開くとこんな感じ。これからの季節、心地よい風を感じることができそうです!

で、バスからの眺めはこんな感じです。普段から通ってる道ですが、高さがあるから全然別の道、風景でした。座席があるのは2メートル位のところなので、ガードレールなんかも見えません。

食事はどうなの?

ちなみに、テーブルの上で飲み物がこぼれないように、こんな感じの台があります。


グルーっとまわしてグラスを取ります。

レストランバスの料理を監修する、比嘉シェフ。日本中の農家の方々を回っている「旅する料理人」が、各地域の生産者、料理人と地域を回りながらその地域の食文化の魅力を引き出します。

この日は、試乗ということで、最初に出たのは「あか牛のハンバーグ〜鶴の子芋を添えて〜」。阿蘇のあか牛を使ったハンバーグは、肉本来の旨味がギュッと詰まっていて、季節野菜との相性抜群でした!。ちなみに、鶴の子芋は、高森にて作られている伝統野菜で、里芋の一種です。


二品目は、スイーツでした。こんな感じで出てきて、


シェフが苺と醤油で作った激ウマソースを掛けに来てくれます。

で、こんな感じです。


素敵な料理に、拍手と笑顔が沢山でした。

予約について

今回、試乗ということで、簡易版でしたが、4/8~5/7の13日間は4品のコースを味わえる「阿蘇南・田園満喫ランチコース」「阿蘇南・田園満喫ディナーコース」が運行予定です。
ヤマメが育っているところを見たり、アスパラの収穫体験をしたりしながら、調理された美味しいコース料理を!

●阿蘇南・田園満喫ランチコース


●阿蘇南・田園満喫ディナーコース


天気がいいときはもちろん、雨のときでも楽しめるレストランバス。是非この機会に乗ってみてくださいね。

ではまた!

モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 81
  • 65

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 81
  • 65