おるとくまもと

アート・カルチャー  名所  おみやげ  まち歩き  

熊本城の小粋な城下町を歩いて熊本の美味づくし&ズバリ的中おみくじにドキドキ

こんにちは、おるとくまもと編集部です。

みなさんは、熊本城観光に欠かせないスポット『桜の馬場 城彩苑』をご存知ですか? 熊本城が築城された江戸時代の城下町を再現した町並みには熊本の美味しいものがズラリと並び、その場で食べられる“ちょいパク”グルメも楽しめますよ。辛口の内容がおもしろい!と評判の占いと合わせて、お散歩を楽しんでみませんか?

 

桜の馬場 城彩苑

2011年にオープンした観光複合施設。歴史や文化の展示・体験施設である「熊本城ミュージアム わくわく座」と、飲食やおみやげ店が並ぶ「桜の小路」(さくらのこうじ)から成り、観光案内所も併設しています。何と言ってもその魅力は、城下町を模した町並みにところせましと並ぶ飲食店&土産物店。眺めているだけで華やいだ気分を味わえます。

 

 

 

熊本を代表するお菓子や豊富な海の幸・山の幸が、手軽に食べられるフィンガーフードとして並びます。
ぜひ味わってみてほしいのが、エントランスから入ってすぐに見えてくる天草の海鮮専門店『天草海食まるけん』の「うにコロッケ」です。

 


サクサククリーミーな手のひらサイズのコロッケの中に、トロ〜リうにソースがたっぷり! うに3倍増しの「プレミアム」は特に贅沢な味わいです。

 

 

そして今、SNSで話題沸騰中! 『TENTE』の「オニ盛りソフト」はインスタ映え抜群♪ 青果店が営むフルーツスタンドで、四季折々の県産フルーツをこれでもか!とゴージャスに盛り付けたソフトクリームが人気なんです。

 

 

View this post on Instagram

 

やっと出会えた。 #オニ盛りイチゴソフト #熊本城 #城彩苑

keitaさん(@nosam030415)がシェアした投稿 –


秋の初めはメロンや葡萄が。そして、冬〜春にかけてはインパクト絶大な苺のソフトクリームが登場します♪

 

 

お土産探しや陽気なスタッフとの会話も楽しんでほしい『桜の馬場 城彩苑』。もうひとつのお楽しみは、イケメン揃いの「熊本城おもてなし武将隊」です。

 


午前と午後の2回、苑内のステージ「親水空間」で演舞を行っている武将隊のみなさん。思わず目が♡になってしまうカッコよさに注目です!

 

 

苑内にある『熊本城ミュージアムわくわく座』は、見て、聞いて、触って、感動体感できるエンターテイメント空間。熊本城がより楽しくなる歴史と文化の発見ゾーンです。

 

 

お次は熊本城からほど近く、知る人ぞ知る占いが密かに話題を呼んでいる『山崎菅原神社』へ。

 

山崎菅原神社

一説によると、1070(延久2)年創建とと伝えられる由緒正しい神社。祭神はや菅原道真公で、学問の神様として地域の人々の信仰を集めています。

 

 

こちらの神社を一躍有名にしたのが「イチハラヒロコ恋みくじ」。言葉や文字を作品化し世界に発表している現代美術作家・イチハラヒロコさんの作品でもある恋みくじは、1つ1つがメッセージを含んでいます。ドキリと胸にささるものや、思わずクスリと笑ってしまいものなど、今の自分にぴったりの言葉たちに一喜一憂するのも、また楽しいもの。

 

※参拝せずにおみくじを引かれる方が多いそうですが、まずは参拝してからおみくじを楽しみましょうね。

 


いかがでしたか? グルメにイケメン、神様からのストレートで意味深なメッセージ。女子旅の醍醐味が詰まった『桜の馬場 城彩苑』と『山崎菅原神社』、ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

 

【DATA】

桜の馬場 城彩苑

住所:熊本県熊本市中央区二の丸1-1-1

電話番号:096-288-5600

営業時間:お土産処(3~11月)9:00~19:00、(12~2月)9:00~18:00

お食事処11:00~19:00※一部異なります

定休日:なし

公式HP:http://www.sakuranobaba-johsaien.jp/

 

山崎菅原神社

住所:熊本県熊本市中央区桜町1-18

電話番号:096-325-3474

受付時間:9:00〜17:30(ご祈願の受付は10:00~16:00)

公式HP: http://yamasaki-tenjin.com/

おるとくまもと編集部

おるとくまもと編集部 熊本の食と観光をPRしたい!おるとくまもと編集部は熊本の新しい魅力を発見するために日々県内のいろんな所でいろんなモノやコトを探しています。

  • 23
  • 19

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

おるとくまもと編集部

おるとくまもと編集部 熊本の食と観光をPRしたい!おるとくまもと編集部は熊本の新しい魅力を発見するために日々県内のいろんな所でいろんなモノやコトを探しています。

  • 23
  • 19