おるとくまもと

風景・景色  名所  まち歩き  

【上天草・湯島】猫の島「湯島」を歩いてみた!

雨真っ只中の毎日、なかなか気分が晴れない今日この頃…

上天草・湯島にやってきました!

皆さんは「湯島」という地名を聞くとどんなイメージがわきますか?

最近、「坂上どうぶつ王国」でも「湯島」について取り上げられ話題となりました。

※2020年1月17日(金)放送

今回はほんのわずかですが、「湯島」について紹介いたします(シリーズ化予定?)!

【今回はココが見どころ!】

・非日常の世界を味わえる!

・人なつっこい猫があちこちに(後ろを振り返れば…)!

「湯島」で移住体験が可能!体験すればあなたもきっと移住したくなる…

 

湯島へ行く手段として、江樋戸(えびと)港ー湯島港の定期船があります。

この旗が港の目印となっております。

ここが江樋戸港。ここに車を置くことができます。最近整備された広い駐車場となっていますね。

いざ、乗船!料金は大人片道600円。出港後、船内で乗務員さんが回収に来られます。午後で最初の便ということもあり、船内は買い物を終えた湯島の住民であふれていました。

乗船時間は約25分です。

窓からの景色を眺めつつの波音は最高のBGM!

これはなかなか伝えられないので、ぜひ、一度体験してほしい!

まもなく「湯島」に到着!「ユシマ」という文字が見えてきました。

湯島港に到着!上陸すると、湯島の案内地図や時刻表が目に入ってきます。ここで帰りの便の時間を再確認しておくと安心♪

湯島は別名「談合島」とも呼ばれ、「島原・天草一揆」の際、島原と天草の住民たちが戦略会議をしたことが由来です。

車がほぼ通ることがなく、島内の移動手段は徒歩か原付か自転車とのこと。

島を歩くと、あちらこちらに猫の姿が…

カメラを持って近づくと、逆に近づいてくるところが何とも言えないかわいさ!癒されます!

ここは交流施設「シーグラス」。

湯島への移住定住や島の活性化を目的に2020年3月に完成したばかり。

この施設は、湯島への移住定住を希望する方が利用できる「お試し居住スペース」、希望する方は誰でも利用ができ、ゆったりとした時間の中で仕事や作業ができるシェアオフィス(コワーキングスペース)、公共トイレの3つの機能を合わせ持つ複合施設です。

新型コロナウイルスの影響による新しい働き方として、リモートワークといったワーケーションにもぴったりの場所ですね! 

施設のすぐ外はもちろん海!時には海を眺めながらの休憩もアリですね!詳細は下記よりご確認ください!

https://www.city.kamiamakusa.kumamoto.jp/q/aview/400/12796.html

 

今回は2時間ほどの滞在でしたが、本当にあっという間でした。非日常の世界を体験したい方にはぜひ、一度訪れてほしい場所!

何度も訪れたくなる魅力にあなたもきっととりつかれるはず!

次回(予定)は別の視点で「湯島」の魅力をお伝えできたらと思います!

次回も乞うご期待!

つかぴ

つかぴ 熊本生まれ、熊本育ち、熊本大好きなマラソンランナー! 熊本県内のありとあらゆる地をマラソン練習を兼ねて走ることが趣味! 苦しい練習の中、目に焼き付けた熊本の魅力を伝えることもランナーの仕事である。

  • 20
  • 1

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

つかぴ

つかぴ 熊本生まれ、熊本育ち、熊本大好きなマラソンランナー! 熊本県内のありとあらゆる地をマラソン練習を兼ねて走ることが趣味! 苦しい練習の中、目に焼き付けた熊本の魅力を伝えることもランナーの仕事である。

  • 20
  • 1