おるとくまもと

グルメ  ホテル・宿  

一人旅に最適!源泉かけ流しの温泉と美味しい郷土料理が味わえる農家民泊「まんがんじ入舟」

皆さんこんにちは、南小国からサトウです。南小国町は黒川温泉をはじめとする7つの温泉がある温泉のまちです。そんな南小国に来たらやっぱり温泉宿に泊まってみたい!でも一人旅だし旅館に独りで泊まるのはちょっと。。。と思われてる方へ耳より情報です!
今回は、黒川温泉より車で10分、満願寺温泉周辺にある私が友人にも自信をもっておすすめしている郷土料理店が営む農家民宿をご紹介します。

料理好きなお母さんがはじめた郷土料理やさん

もともとは、お母さんのお料理好きが高じて始めた地産地消の郷土料理「まんがんじ入舟」さん。
江戸末期に建てられた穀物蔵を改装し、今年で創業23年。自家栽培の米、野菜、シイタケ等をふんだんに使った「入舟定食」は創業以来変わらぬ美味しさと10種類以上の小鉢が嬉しいお店一番の看板メニューです。

こちらは熊本の郷土料理だご汁。具だくさんの野菜と手作りだご(団子)に九州の甘めの味噌がよく合います。県外からの方や食べたことない方にぜひおすすめの一品です。ちなみに、定食のごはんとだご汁はお代わり自由なんです!

最近は外国人のお客さんも増えているとのことで、英語・韓国語・中国語のメニューもあり、インバウンド対策もバッチリでした!外国人からも「入舟定食」がダントツの人気らしいです。

お父さんが淹れる美味しい珈琲とお母さんお手製の季節のデザート

私が友人にここをおススメする最大の理由は、お父さんとお母さんのお人柄!本当に素敵なご夫婦なんです。食後はお父さんがカウンターで美味しい珈琲を淹れてくれて、お母さん自慢の日替わりデザートの手作り羊羹や季節の大福を食べながら、胃袋も心も満たされます。コーヒーもお腹いっぱいになるまでお父さんが何杯も注いでくれる大サービス(笑
ここを訪れた人たちが「また来ます!」と手紙を送ったり常連になるのも納得です。

田舎のおばあちゃん家に泊まりに来たような落ち着くお部屋

お店の2階が宿泊のお部屋です。昔ながらの柱時計や衣装タンスに囲まれたレトロな空間が落ち着きます。田舎のおばあちゃん家に帰ってきたようなどこか懐かしい感じがいいですね。
今年で農家民泊を始めて9年目。今では孫が帰省するような感覚で、常連さんが泊まりに来るのだとか。

お風呂は源泉かけ流しの共同浴場を体験

皆さん驚かれるそうですが、まんがんじ入舟にはお風呂がありませんというか、この周辺の地域にはお風呂がない家が多くあります。というのも、満願寺地区は昔ながらの共同浴場があり、源泉かけ流しの温泉が地域の人たちの共同のお風呂場なんです。毎日、源泉かけ流しに入れるなんて贅沢ですよね~うらやましいっ!泉質は単純泉なので癖がなく、どなたでも安心してお入りいただける温泉です。
宿泊者の方には、お母さんがいつも温泉に行くような感じで洗面器にタオルを入れて用意してくれています。写真は満願寺共同浴場の内湯です。なんと2016年12月末にリニューアルしたばかりのとてもきれいな温泉です。男湯と女湯それぞれ2つずつあります。

もちろん、満願寺温泉付近には、黒川温泉、田の原温泉、小田温泉など車で数分で入りにいくことが可能です。せっかくなので温泉のまち南小国のいろんなお風呂を試してみてはいかがですか?

住宅街の川の中にある温泉のオープン感が尋常じゃない #満願寺温泉 #熊本 #小国

とげまる(27)さん(@togemaru_k)がシェアした投稿 –

まんがんじ入舟から満願寺温泉には歩いて3分という近さ。満願寺温泉は別名、‟日本で一番恥ずかしい温泉”という名の通り、川に隣接する川湯も有名です!お父さんも入るイチオシの外湯、ぜひ恥を捨ててチャレンジしてみてください!!私も夜中にこっそり一度だけ入ったことがあります。混浴なので誰か来ないかヒヤヒヤもんでしたが…
でも川湯からの眺めは本当に最高です。女性の皆さん、真夜中か早朝が狙い目ですよ。

#熊本#満願寺温泉#日本一恥ずかしい温泉#温泉#公衆浴場#この時間帯が狙い目#復興祈願

Hyottokoさん(@hyottoko.jp)がシェアした投稿 –


美味しい郷土料理に、源泉かけ流し温泉、ご夫婦との会話も楽しい知る人ぞ知る農家民泊。
1日2組の限定にはなりますが、一泊二食付きで7,000円というお手頃価格。
一泊朝食付き3,500円、素泊まり3,000円のプランもあります。連泊にも助かるお値段ですね。
南小国方面にお越しの際は、昼食や宿泊に「まんがんじ入舟」にぜひ一度、お立ち寄りください。

「まんがんじ入舟」さんの詳細情報はこちら
お店の雰囲気や料理のメニューなど写真や動画で詳しく紹介されています。

おるとくまもと編集部

おるとくまもと編集部 熊本の食と観光をPRしたい!おるとくまもと編集部は熊本の新しい魅力を発見するために日々県内のいろんな所でいろんなモノやコトを探しています。

  • 34
  • 35

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

おるとくまもと編集部

おるとくまもと編集部 熊本の食と観光をPRしたい!おるとくまもと編集部は熊本の新しい魅力を発見するために日々県内のいろんな所でいろんなモノやコトを探しています。

  • 34
  • 35