おるとくまもと

阿蘇の司
ビラパークホテル&スパリゾート
田上 健さん

料理人の紹介

阿蘇の司ビラパークホテル&スパリゾートのメインダイニングで5年間料理長を勤める田上 健さん。和・洋・中の豊富な食材、阿蘇の食材を活かしたメニューを日々提供している。伝統を守り、老舗の味を守る一方で、老舗の味を現代風にアレンジすることで、時代にマッチした味やスタイルを追求しながら、お客様に「美味しい」と行って頂ける料理を模索している。

創業はステーキハウス

1965年5月、阿蘇の豊かな大地を訪れるお客様に美味しいステーキを味わっていただきたいという思いから、原野を切り開いてレストハウス「阿蘇の司」がオープン。当時、阿蘇でステーキを味わえるお店が少なかったこともあり、多くのお客様に訪れていただきました。そんな中で、「お肉を食べてお腹いっぱいになったらそのまま泊りたい」というお客様の要望もあり、翌1966年8月に旅館「阿蘇の司」を創立。以降、少しずつ改修・改装を続け、阿蘇を代表するホテルに成長。「阿蘇は世界の観光地になる」という創業者の思いを受け継ぎ、「花と芸術と健康」をテーマとした、お客様に喜んで頂けるホテルとして更に成長している。

こだわりの食材と伝統の味をご自宅に

世界に32エリアしかない世界農業遺産に認定された阿蘇地域。あか牛の放牧により守り続けられている阿蘇の草原と農業の在り方が世界に認められました。私たちは、このあか牛をお客様に味わって頂く、それにより地域の保全を行いたいと思っておりますし、お客様に安心安全な食材の提供が出来る環境づくりが出来たらと思っております。農業面では「阿蘇の司農園」を展開し、地元農家の方々と共にお客様への安心安全な食材提供を実施しています。ホテルで利用しているこだわりの食材、伝統の味をご家庭で味わって頂きたい…。そんな思いから、商品の選定を行っています。

ページの先頭へ